初心者にありがちな高級腕時計の失敗談など

今日、「社会的に責任がある立場になったから、立場に見合った腕時計が欲しい」などという理由で、高級腕時計の購入を行う人が増えています。初めて高級腕時計を購入する時に気になるのは、どのモデルが自分に合っているのか、どのモデルを購入するといいのかということです。そんな時には、人気ブランドの定番のモデルを買うことをおすすめします。なぜならば、低価格帯の時計のみを作るブランドよりも低価格帯から高価格帯までを幅広く製造する定番人気ブランドの中から、比較的コストパの良いものを選んだ方が品質は良くて長持ちするのでお勧めなのです。ムリなく購入できる価格帯の定番のモデルから始めて、もしも気に入ったら、ハイブランドにも挑戦してみるといいです。30万円以下で買うことができる価格帯がおすすめです。

高級腕時計を初めて買う人には金属ブレスのものがお勧め

高級腕時計を初めて購入する時の時計のベルトは金属ブレスがおすすめです。腕時計のベルトには革ベルトと金属ブレスがあります。金属ベルトはコマと呼ばれる金属の板を繋げて作られているブレスレットです。コマの数によって、装着感に違いがあるということがポイントです。コマ数が多いベルトほど柔らかいつけ心地になり、コマ数が少ない方がガッチリとしたつけ心地になります。また、初心者の人に金属ブレスレットをおすすめする理由は、メンテナンスが簡単だからです。一方で、革のベルトは水に弱いため、日本では湿度が高くメンテナンスをしないとすぐに劣化してしまいます。そのため、皮のベルトの高級腕時計を使っている人は、何本かの腕時計をローテーションで使っているという人もいるほどです。そこで、高級腕時計を初めて買う人には金属ブレスレットをお勧めするのです。

高級腕時計は年齢に合ったものを身につけましょう

高級腕時計を購入する時は年相応の腕時計を選ぶことをお勧めします。つけている腕時計が年相応かどうかによって、相手が受ける印象も大きく変わるので注意が必要です。たとえば、「未熟者ですが」と口では言っている若手営業マンが価格のはる高級腕時計を無造作に身につけていたら、先輩の社員や商談の相手はどんな気分になるでしょう。謙虚さが無く、あまり印象がよくないと感じる人もいることでしょう。そうかといって物凄く安い腕時計では商談相手にも頼りなさそうな不安な印象を与えてしまいます。ビジネスマンは高級すぎなくて、しかも安物には見えない職種の雰囲気に合った腕時計を選ぶといいです。一方で、コンサルティング会社のような企業に勤めていて、社長や役員というような人と話す場合は、あえて高級時計を身につけるなど、相手のステータスによって身につける腕時計を変えるようにすると相手にいい印象を与えるのでお勧めです。